本文へスキップ

The Rotary Club of Gobo

2021-2022年度 会長方針

2021-2022年度御坊ロータリークラブ会長 高辻幹雄


2021-2022会長 高辻幹雄 この度、御坊ロータリークラブ2021-2022年度会長を仰せつかり、 大変身の引き締まる思いであります。

もとより浅学非才の身でありますが、 歴史と伝統ある御坊ロータリークラブの諸先輩が残された功績を汚さぬよう、 誠心誠意努めさせていただく所存でございます。

会員の皆様には、更なるご支援、ご協力を賜りますよう よろしくお願い申し上げます。

さて、2021-2022年度国際ロータリー会長は、 インドのカルカッタ/マハナガル・ロータリークラブに所属する シェカール・メータ氏です。
会長テーマは『奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために』です。

シェカール・メータ会長は「奉仕するとき、誰かの人生だけでなく自分の人生も豊かになる」、 「人々の世話をし、奉仕することこそ、人生の最高の生き方」と述べ、 奉仕プロジェクトへの積極的な参加を会員に呼びかけています。

また、第2021-2022地区豊岡敬ガバナーは、地区方針として 『広げよう ロータリーの光を!』と掲げています。
「世界を襲うコロナ禍にあって、我々一人ひとりが、希望を照らす光となり、 その光の輪を広げて行き、志を同じくする仲間を増やしましょう。 今こそ世界がロータリーの光を必要としています。」と述べています。

2021-2022年度御坊ロータリークラブ会長方針『一隅を照らす』 今年度の御坊ロータリークラブのテーマを『一隅を照らす』といたします。
この言葉は、皆様ご存知の通り、比叡山で天台宗を開かれた伝教大師・最澄の教えです。
家庭や職場など、自分自身が置かれたその場所で精一杯努力し、 一人ひとりがそれぞれの持ち場で全力を尽くすことによって、社会全体が明るく照らされていく。
あなたが、あなたの置かれている場所や立場で、ベストを尽くして光を照らしてください。
コロナ禍でのクラブの運営方法、奉仕のあり方については、 クラブ内で十分な検討を行い、コロナで閉塞感の漂う社会に対し 「ロータリーの光を広げる」ことが出来るよう努力したいと思います。
          

御坊ロータリークラブ

〒644-0002
和歌山県御坊市薗350-28

TEL 0738-22-5431