◆2019-2020年度・
第13回和田勇賞授賞式・「和田勇物語」感想文最優秀賞表彰式



◆和田勇賞…該当者なし

◆和田勇物語感想文コンクール最優秀賞作品披露
◎小学生の部最優秀賞
「日本へ世界へ!」
・・・・・・・・・・・・・・・・山本彩世さん(比井小学校5年生)


「東京でオリンピックをやりたいんです。」
この言葉に勇は息をのんだ。
七年前に話し合ったことが、頭の中によみがえった。
「日本のためならよろこんで、力を貸しましょう。」
東京でオリンピックをするために勇は10ヶ国11都市に、協力を求めまわることになり、
「パパ本気なの?」
妻の正子が不安を感じ、たずねた。
しかし、勇は、
「東京でオリンピックが開けるなら、
自分の店がどうなってもいい。
日本はわたしらの愛する祖国、
日本のために全力をつくさないと。
ぼくに与えられた使命、義務。
ぼくもマサもがんばらないと。」
と言ったのが、私は一番心に残った。
理由は、勇さんが、七年前に話した夢が東京でかなうなら、
自分の店のことはどうなってもいい、
そして、それが自分に与えられた使命で義務だから、
そのことに全力でがんばらないと…と思う勇さんがかっこいいと思ったからだ。
そして、自分の愛する祖国のためにもがんばっている勇さんに心を打たれた。
ふつうは、自分の店のことはなにがどうなってもつぶれてほしくないと思うけれど、
勇さんは、国のためなら店のことはどうなってもいいとかくごをしているので、
それもかっこいいと思ったからだ。
「自分のためじゃなく、国のため。」
ふつうは、反対のことを考える。
しかし、勇さんは、国のため、世界のためにがんばってくれた。
私は勇さんみたいに、かしこくないし、すごくない。
勇さんとは、比べ物にならない。
今の私だと、国や世界にはとどかない。
けれど、私には一つできることがある。
「自分のためじゃなく、だれかのため。」
これなら実行することはできる。
これが私の未来への一歩ではないかと思う。
まだ国や世界にはとどかないけれど、
いつかは勇さんのように私も…日本へ世界へ!

◎中学生の部最優秀賞
「和田勇さんの生き方」
・・・・・・・・・・・・・・・中井心彩さん(河南中学校1年生)


誰かのために、知らない誰かのために一生懸命になることができるか。
私は和田勇さんの物語を読んでそう思った。
なぜなら、和田さんの生涯はすばらしいものだったから。
常に人の事を考え、行動する和田さん。
私はそんな和田さんの気持ちになって考えてみた。
誰かのために、知らない誰かのために一生懸命になれるかと。
和田さんは、全米水泳選手権に出場する、
日本人選手団を家へ泊めてあげた。
私は、見ず知らずの人に家をてい供するなんて無理だ。
泊めるということは、最後まで面どうを見てやらないといけないし、
責任感も持たなければいけない。
ほとんどの人が私と同じ意見だろう。
しかし和田さんは違った。
たしかにお金が無ければそもそも泊めてあげられない。
だが、それだけでは無いと思う。
広い心を持っていなければ泊めるなんてできないだろう。
和田さんはそんな、広い心の持ち主であった。
又、和田さんは世界をも、飛び回った。
旅行なんかじゃない。
日本のために。
和田さんはオリンピックを東京に呼ぶために。
私はそんな大きな仕事はできない。
でも和田さんは、誰かが笑顔になればという気持ちでやっていたと思う。
世界の偉いさんに頭を下げ回った和田さん。
確実に東京にオリンピックが来る訳じゃない。
でも和田さんは、東京にオリンピックが来ることを信じて飛び回った。
そのかいもあり、見事東京にオリンピックを呼ぶことができた。
この偉業が「東京にオリンピックを呼んだ男」というキャッチフレーズを作った。
私は広い心を持ち、
誰かのために一生懸命になれる和田さんの生き方を見習いたい。
和田さんのように東京にオリンピックを呼ぶなどの大きな事はできなくても、
誰かを想う気持ちは持てる。
和田さんは、私にそんなことを教えてくれた。


◆優秀賞、佳作の受賞者は以下のとおり
(敬称略)
【中学校の部・優秀賞】
力津彩愛(日高中学校2年生)
藪内紀芳(湯川中学校2年生)
【中学校の部・佳作】
平野倫視(稲原中学校2年生)
川合琴葉(美山中学校2年生)
畑崎沙月(御坊中学校2年生)
川手瑠梨(松洋中学校2年生)
村上歌音(切目中学校2年生)
宇和七音(大成中学校2年生)
玉置ありさ(清流中学校2年生)
北村涼夏(由良中学校2年生)
日野玲心(早蘇中学校2年生)
岡山梨乃(名田中学校 2年生)

【小学校の部・優秀賞】
若野浬子(和田小学校5年生)
大串 彩葉(川辺西小学校5年生)
【小学校の部・佳作】
齋藤ほのか(笠松小学校5年生)
村上まひろ(切目小学校5年生)
寺井敦基(志賀小学校5年生)
坂下光彩(中津小学校5年生)
玉置ほづみ(印南小学校5年生)
吉村漣(塩屋小学校5年生)
杉本姫寿奈(松原小学校5年生)
三原菜結(三百瀬小学校5年生)
田甫彩乃(白崎小学校5年生)
山田龍太郎(稲原小学校5年生)
山吹研蔵(内原小学校5年生)
長濵乃彩(由良小学校5年生)
池田菜七実(寒川第一小学校5年生)
川村歩未(衣奈小学校5年生)
中本悠都(湯川小学校5年生)
假家杏(名田小学校5年生)
成瀬あず(野口小学校5年生)
松井美咲(和佐小学校 5年生)
伏木宏太朗(御坊小学校5年生)
岩﨑正悟(清流小学校5年生)

(応募総数796名36校)

和田勇委員会記録Indexへ戻る